子育て

息子、娘が入院!原因はアデノウイルスだった!!

こんにちは、ふわりめいりです。

私の息子は1ヶ月半もの間、

風邪の症状が続き、高熱も継続しています。

高熱の為、入院して検査を受けましたが、
結果は出ず…

一旦熱が下がり経過も良さそうとの事で退院しましたが、

再度40℃の高熱…

受診して、再検査でやっと原因が判明!!

奴の名は…

アデノウイルス!!

困った奴なので、まとめてみました!!

とりゃーーー!!!

アデノウイルス

プール熱。

聞いた事ありますよね?

原因は奴ら、アデノウイルスです。

アデノウイルスは50以上の型が存在し、

免疫をつけるには難しいウイルスの1つです。

よって、型が多いため、有効なワクチン、治療薬の開発も難しく、

有効な治療法がない、なかなか厄介なウイルスです。

症状

急な発熱が多く、それも高熱(39℃~40℃)
そして、
3~5日ほど続きます。

上がったり下がったりといった事も見られるのが特徴です。

息子も40℃から朝には37℃後半、その後昼前までにはまた39℃台まで上がるというのを繰り返していました。

潜伏期間は4~6日程で、

他症状では、頭痛、喉の痛み、結膜炎といったものがあります。

型によって違う

先述した、プール熱ですが型によっては

肺炎だったり、胃腸炎だったりと症状まで変わってきます。

50以上も型があり、類似するものもあるようです。

肺炎、脳炎

特に、3、7型による場合が多いようです。

中でも、7型が重症の肺炎を引き起こす可能性があるようで、

乳幼児がかかりやすい型です。

長引く発熱、咳、呼吸障害などの重症になる可能性があります。

息子はアデノウイルスが検出される前、先生から

「気管に少しだけモヤがあるかな?気管支炎かな?」

と話がありましたが、重なる部分がありそうです。

7型の場合、致命的となる可能性もあるようなので、

入院治療は正解でした…

プール熱

聞いた事が多いと思います。

別名、夏のインフルエンザ

プールを介して感染することで、夏に流行した為にそう言われるようです。

現在は年中プールに入れる環境もある事から、季節は問わず罹ります。

主に、3、4型が原因で、

1日の間に39℃~40℃の高熱と、

37℃~38℃前後の微熱の間を行来し、

3~5日程続きます。

扁桃腺が腫れ喉の痛みも伴います。
他には目が充血し、眼脂(目やに)
が増えます。

こちらも、長い期間、熱が上がったり下がったりする症状が重なります。

うちの場合はかなり長引いています。

しかし、

1回上がると数日は大丈夫。
というのを繰り返す。

2、3日、高熱~微熱
↓下がって数日後
4日程、高熱~微熱

となっています。

流行性角結膜炎

8、19、37型が主でしたが、

近年は53、54、56型が多い。

目が充血し、眼脂(目やに)が出ますが、

プール熱のような高熱はなく、喉の痛みも強くないです。

ただ、角膜混濁が起きる可能性もあり、数ヶ月以上も症状が残る可能性もあるので、

眼科での治療が必要です。

目の充血は川崎病でも起こることがありますので、少しでもおかしいと感じた時は様子を見ず、受診するのが、鉄則です。

出血性膀胱炎

調べていたらこんなのもあるの?!

とびっくりしました。

主に11型で発症。

排尿時に痛みがあり、真っ赤なおしっこがでます。

上記のものが特徴で、2、3日で改善し、
尿検査での潜血も10日程で改善します。

息子はおしっこに以上はなかったので、
プール熱や肺炎に起因する型であった可能性がありそうです。

胃腸炎

腸管アデノウイルス胃腸炎といわれる。

主に31、40、41型が原因で、

潜伏期間が3~10日で、食品の中では、
ウイルスが増えない為、

人を介して感染が広がる。

乳幼児に多く、37℃程度の微熱がでて、

腹痛、下痢、嘔吐を伴う。

下痢は1週間以上長引く事もあり、

治療も対処療法(点滴等による水分補給など)のみとなっています。

息子はもともと便秘気味である為、
こちらの症状はありませんでした。

対処、治療

ウイルスであり、型も多い為か、

治療薬、ワクチンはありません。

発熱が主な症状として現れるので、

水分補給をして、しっかりと休む。

これのみとなります。

入院中行ったのは、

気管支炎の診断があったので、

吸入と

点滴。

娘も高熱(息子より早い段階でアデノウイルス検出)の為に入院しており、
同様の治療が行われました。

娘の方が改善が早く、退院し熱も出ずに経過していますが、

息子は退院まで、原因が判明せず、熱が下がったので退院。

2日後に発熱。

受診して、再検査することで、

アデノウイルスが検出されました。

先生からは、

水分補給をしっかりして、
ゆっくり休んでください。

とお話しがありました。

この、対処療法のみが、

アデノウイルスの対処、治療法となります。

感染を広げない

そして、さらに厄介な事に、

感染力が非常に強いのも特徴で、

検出され、症状が改善し、2日経たないと

登園、登校が出来ません。

ようは、出停扱いになります。

ですので、検査結果がでたら、

必ず、保育園、幼稚園、学校へ連絡を入れましょう。

大人の場合は、

先生に確認したところ(介護の仕事の為)

強制的に休めとは言わないが、
職場の規約等に従って下さい。

との事でした。

消毒

びっくりしたのが、

アルコールが効かないと書いている場合もあったり、

手指消毒には消毒用アルコールが効果的と書いていたりと様々で…

調べたところ、

消毒剤に対しての抵抗力が高い。

だが、手洗い後の手指消毒用アルコールでは追加効果がある。

80%エタノールではアデノウイルスを不活性化させるのに2分かかるという結果もあるとの事。

器具類の消毒

次亜塩素酸ナトリウム水溶液
0.1%で30分の浸漬

消毒用アルコール
10分の浸漬

 

衣類の消毒

85℃以上の熱水に10分間漬ける
その後洗濯
水洗いし、次亜塩素酸ナトリウム0.1%で 浸漬

 

なかなか、現実的ではない方法が多いので、

洗濯は分けて洗濯する。
その後洗濯槽は一旦水を張り、ハイター等を適量(0.1%になるように)入れて10分間そのまま。
その後にすすぎ→脱水を行う。

洗濯物は乾燥機で乾燥させる。
(85℃以上となるので死滅する)

おもちゃや触った物、場所は消毒用アルコールで拭きあげる。
確実性をあげるには、
次亜塩素酸ナトリウム0.02%で拭きあげる。

これを徹底してやらないと、

2次感染が起こる可能性が高まってしまいます。

消毒用アルコールが効かない??

検索

アデノウイルス アルコール

すると、

アデノウイルスにアルコールは効かない

と、出てきます。

焦りますよね?

なので、調べてみました。

現在、新型コロナの影響で

人類は今までにないくらい手洗い、消毒を行っているかと思います。

1999年から2020年までのアデノウイルスの報告数をみると、

例年に比べ少ない傾向が見られます。

引用:アデノウイルス感染症 2008~2020 図1

手洗いに加え、アルコール消毒をしているので、

一概に効果はない。
とは言いきれない気も致します。

実際、病院の案内でも、手洗い後にアルコール消毒すると効果的とあるので、

そこは間違いない情報です。

最後に

保育園、幼稚園に通い始め、

すぐに風邪を引いてしまい、

その後発熱。

高熱が続き、娘は熱痙攣を起こし、
熱は下がらず入院。

入院時に検査をすると、

アデノウイルスが検出。

翌日には息子も40℃の熱。

検査するも、アデノウイルスは陰性。

娘と経過が似ていた為に入院。

翌日再度、検査しても陰性。

娘は改善し4日で退院。

息子も4日で解熱したので退院。

退院から2日後に発熱(40℃)

翌日受診し、検査して

やっとアデノウイルスが検出。

原因が分からないので、

40℃の高熱は恐怖でしかありませんでした。

それが、上がったり下がったりを繰り返して

苦しそうな子供達。

息子のように、なかなか検出されない事もあるようなので、

とにかく、不安な時は受診する事です。

受診させるべきかどうか

迷った時はこちらの記事も参考にどうぞ。

【#8000】赤ちゃん、幼児の緊急時!!あわてない!!ここに電話赤ちゃん、幼児の急な発熱。 夜間やってる病院は?? あれ??どうしよう!! 慌てると慌てるだけ混乱していく脳内… ...

もしも、お子さんが辛い時にこの記事を見た方にエールを送ります。

大丈夫!!
絶対に良くなるから!!
お子さんの傍にいて願って、想ってください!!

早く良くなりますように!!!

では!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA